ヤーズ(超低用量ピル)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
ヤーズ(超低用量ピル)

ヤーズは、成分が抑えられている分、副作用や体への負担が少なく、長期間の服用が可能になっています。

避妊効果も高く、正しい使用方法ではほぼ100%の確率で避妊することが出来ると言われております。


Amazonや楽天では購入出来ません。輸入通販サイトで通販出来ます。

ヤーズ

サイト名 お薬なび ベストケンコー メデマート
内容量 28錠 28錠 28錠
価格 2,700円 -円 2,700円
単価(1錠) 96円 -円 96円
購入先 取扱なし

ヤーズの飲み方

ヤーズは1日1錠、毎日同じ決められた時間に服用してください。
生理の開始日から服用し、21錠の場合は21日間服用し7日間休薬します。
28錠の場合は28日間服用を続けてください。

どちらも1シートを飲み終えた29日以降は、新しいシートを再度継続して服用してください。
連日の服用により高い避妊効果を得ることができます。飲み忘れや時間を空けて服用すると、避妊効果が低下する可能性があります。

飲み忘れた場合

飲み忘れた場合、気付いた時点で飲み忘れ分を飲み、その日の分は、いつもの決まった時間に飲むようにしましょう。
二日間以上、飲み忘れた場合は、気付いた時点で一錠飲み、当日分は決まった時間に飲み、当初のスケジュール通り飲みましょう。

※くれぐれも服用の開始のタイミングに気を付けてください。スマホをご使用の方はリマインダ機能で開始のタイミングを前もって設定する、カレンダーや手帳の予定に入れておくなどの対策がおすすめです。

ヤーズの注意点

ヤーズには使用に関して注意点がありますので、服用前にぜひご確認ください。
以下の条件に当てはまる方はヤーズの使用が禁止されています。

  • ヤーズの成分ドロスピレノン・エチニルエストラジオールにアレルギー反応がある方
  • 35歳以上、1日15本以上喫煙する方
  • 腎機能障害や肝機能障害がある方
  • 血栓性静脈炎・肺塞栓症・脳血管障害・冠動脈疾患の方、または患ったことがある方
  • 高血圧の方
  • 妊娠中または妊娠の可能性のある方、現在授乳中の方

併用禁止薬

ヤーズの併用禁止薬には以下のものがあります。

  • オムビタスビル水和物
  • パリタプレビル水和物
  • リトナビル配合剤

これらの配合された薬と併用するとALT(GPT)上昇の可能性が高まります。

併用注意薬

ヤーズの併用注意薬には以下のものがあります。

  • 副腎皮質ホルモン剤、三環系抗うつ剤、セレギリン塩酸塩
  • 併用により、薬の代謝が遅くなる場合があります。

  • テオフェリン、チザニジン塩酸塩
  • 併用することで、薬の代謝酵素を阻害し副作用が強く出てしまう場合があります。

  • 血糖降下剤
  • 併用することで、血糖降下剤の働きを弱める場合があります。

  • HIV感染治療薬(HIVプロテアーゼ阻害剤、非ヌクレシオド系逆転写酵素阻害剤など)
  • エチニルエストラジオールのAUC(薬の吸収指数)が減少し、ヤーズの効果を弱める場合があります。

  • ラモトリギン、モルヒネ、サリチル酸系炎症薬
  • 併用することでグルクロン酸抱合を促し、これらの薬の効果が弱まる場合があります。

  • セイヨウオトギリソウ含有食品
  • ヤーズの代謝を促進させ効果を弱める場合があります。

    食事

    ヤーズと食事やアルコールとの影響は無いとされます。
    しかし服用する時間を一定にしないとホルモンバランスを一定に保つことが出来ず、期待する効果が得られない場合があります。

    そのため、朝食、昼食、夕食の食前や食後と自分の都合の良いタイミングを作っておくことで、飲み忘れを防止に繋がります。

    ヤーズの特徴

    ヤーズはドイツのバイエル社が開発した超低用量の経口避妊薬です。ホルモンの含有率が極めて低いため「超低用量ピル」と呼ばれています。

    長期間の服用により、高い避妊効果が得られるため、信頼性が高く人気の経口避妊薬です。超低用量の成分のため、体への負担も少なく副作用が抑えられ使用しやすくなっています。

    • 月経困難症
    • 月経前症候群(PSM)
    • ニキビの改善効果

    に期待できます。

    ヤーズは1シートに錠剤が薄いピンク色が24錠、白色が4錠の計28錠入っています。白色の錠剤はプラセボ錠(偽薬)なので、休薬期間が無くなるため、飲み忘れ防止になります。

    バイエル薬品は150年以上の歴史を持つ世界的な製薬会社です。これまで様々な症状の先発薬の開発を行っています。

    ヤーズの効果・効能

    ヤーズの成分である「ドロスピレノン」と「エチニルエストラジオール」が含まれています。それぞれ女性ホルモンと同じ働きをする特徴があります。

    女性ホルモンには黄体ホルモンと卵胞ホルモンの2種類があり、排卵から月経までの期間に2つのホルモンの優位が変化することで、子宮を妊娠に適した状態にする働きをします。それぞれのホルモンの優位により生理周期は黄体期と卵胞期に分けられます。

    ドロスピレノン

    • 黄体ホルモンの分泌を抑える
    • 子宮内膜の成長を抑え排卵しにくくする。

    女性の生理周期である黄体期は黄体ホルモンの多い、排卵が終わった期間を指します。

    エチニルエストラジオール

    • 卵胞ホルモンと黄体ホルモンの分泌を抑える。
    • 排卵や子宮内膜の増殖を抑える働き。

    生理周期の卵胞期は卵胞ホルモンが多く、受精卵を着床させる子宮内膜を成長させる時期です。

    その他にも、精子が子宮に侵入する前に子宮と膣内を結ぶ子宮頚管を通り抜けますが、ヤーズには子宮頸管内の粘液の濃度を高め精子の侵入を抑える働きがあります。

    ヤーズの長期服用により、ホルモンのバランスが整え男性ホルモンの働きを抑えることから、多毛症。ニキビや吹き出物の改善効果にも期待できます。

    排卵や子宮内膜の成長を抑えることで、月経困難症や月経前症候群の症状を軽減する働きもあります。
    女性ホルモンのバランスを整え、男性ホルモンの働きを抑える効果もあるため、ニキビや多毛症などの症状の改善にも期待できます。

    ヤーズは第四世代1相性の超低用量ピルに分類されます。第四世代は新しく開発された時期を表し、「相性(そうせい)」は成分量の違うピルを示すため、1種類の同じ成分量のピルのみとなります。
    ヤーズ1錠には、下記の成分が含まれております。

    含有物質 含有量
    ドロスピレノン 3mg
    エチニルエストラジオール 0.02㎎

    ヤーズの副作用

    ヤーズは副作用は抑えらているとされますが、少なからず副作用は現れます。
    ヤーズには以下の副作用が確認されています。

    • 悪心
    • 乳房痛
    • 頭痛
    • 不正出血
    • 嘔吐
    • 倦怠感
    • 下痢
    • 腹痛

    服用から体が成分に慣れるまではこれらの副作用が現れやすくなりますが、時間の経過により症状は軽減されていきます。

    まれに起こる重篤な副作用として血栓症があります。
    血栓症になると

  • 四肢の急激な疼痛
  • 息切れ
  • 胸痛
  • 激しい頭痛
  • 麻痺
  • 構語障害
  • 視力障害
  • の症状が現れます。

    これらの症状が現れた場合にはすぐに服用を止め、医師に相談して下さい。

    ヤーズの口コミ

    「ヤーズを購入したいけど、まだ迷ってる…」という方は、まずは口コミを読んでみることです。
    初めての通販利用であれば、「商品がちゃんと届くか」「商品の効果は確かか」といった不安を感じるかと思います。
    ですが、実際に購入された方の口コミを読めば不安が軽くなるのではないでしょうか。
    以下で、私が購入の参考になりそうだと感じた口コミを挙げていきます。

    鳥取県(20代)

    ヤーズにもちゃんと避妊効果ありました。
    ヤーズは避妊目的で処方されないから避妊効果がないとかネットで見ましたが、全然うそでしたね。

    福岡県(20代)

    月経困難症がつらくてつらくて…、ヤーズには本当に助けてもらってます。
    通販だと安くて家計面でも助かってます。

    茨城県(20代)

    医薬品の通販利用するのがはじめてだったので、ちゃんと届くか不安でしたが大丈夫でした。
    効果も病院のものと変わらず満足しています。

    口コミのまとめ

    ヤーズの口コミはいかかでしたでしょうか?
    参考になるものがあれば幸いです。
    ちなみに口コミにもあるように、ヤーズにはちゃんと避妊効果があります。
    また、日本においてヤーズは月経困難症や月経前症候群に対する適応しかないため、病院では避妊目的で処方してもらえません。
    そのため、ヤーズを避妊目的で使用する場合は通販で購入するしかありません。

    ヤーズの体験談

    ここでは、口コミよりさらに具体的なヤーズの体験談を紹介していきます。
    体験談を読むと、実際に自分がヤーズを使用するときのイメージが付きやすくなり、購入時の失敗を防げます。
    以下で私が参考になりそうだと感じた体験談を挙げていきます。

    山口県(30代)

    避妊目的で低用量ピルを服用しようと思ったのですが、あまり身体に合いませんでした。
    もっと副作用が軽いものはないのかなと探していたところ、ヤーズを発見しました。
    ヤーズは避妊目的で処方してもらえないらしいので、通販で購入することに。
    服用するようになってからしばらく経ちますが、避妊効果はちゃんとあることは確認済みで、副作用も今のところほとんど感じていません。
    これからも定期購入しようと思います。

    福岡県(20代)

    低用量ピルは副作用が少なめと聞きましたが、私にはきつかったです。
    そこで超低用量と呼ばれるヤーズなら…と思い購入。
    結果的に副作用も感じず、乱れがちだった生理周期も安定したので満足です。

    山形県(10代)

    私はPMSの症状が酷いです。
    家族や彼氏にも生理前になると、ついイライラをぶつけてしまって不機嫌モードに入ってしまい、そのたびに自己嫌悪に陥ってます…。
    でも、ヤーズを服用するようになってからはだいぶ症状も和らいで、心が安定してきました。
    もう人に当たることもなくなったので、ヤーズには感謝です。

    体験談のまとめ

    体験談を読むとヤーズが持つ、

    • 生理トラブル改善効果
    • 避妊効果

    は信頼性のあるものだと分かります。
    また、ヤーズは副作用が起きにくい人という体験談が多いので、低用量ピルがきつかったという人にオススメと言えますね。

    ヤーズまとめ

    ヤーズは超低用量ピルとして、確実な避妊効果と副作用が抑えられ安心して使用することができるため、世界中で多くの女性に使用されています。

    国内の病院でも処方されていますが、ヤーズは月経困難症や月経前症候群の治療薬としてのみの対応となります。避妊薬として使用する場合には、自由診療となり保険が適用されません。

    しかし海外医薬品の通販サイトを利用すれば、自由診療より安価で購入することができます。

    避妊具を持たずに性行為をすると、妊娠の確率を高めてしまいます。副作用や体に負担の少ない超低用量ピルのヤーズはそんな方におススメの商品です。

    Amazonや楽天では購入出来ません。正規品のみ扱っている安心・安全な「お薬なび」さんなどで、通販購入が可能です。

    >>超低用量ピルの一覧

    参考・引用先

    ヤーズ(KEGG)

    • このエントリーをはてなブックマークに追加
    • Pocket
    • LINEで送る