ピルは薬局やドラッグストアなどで買えない大きな理由…

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
ストア

低用量ピルやアフターピルは女性にとって大事なアイテムです。
しかし、ピルについて日本ではなぜかイメージがあまり良いものではありません。

そして海外ではドラッグストアや自動販売機で手に入るのに、日本では病院処方のみで薬局やドラッグストアなどで市販されていませんよね。

しかし病院へ行かなくても、ちゃんと正規の方法で誰にも知られることなくピルを買うことができるのです。
当ページでは病院へ行かなくてもピルを買うことができる方法をご紹介します。

ピルは市販されない…だけど!

非常口

海外に比べて日本でピルを服用している女性は極端に少ないそうです。

その大きな理由が…

ピルの服用=不特定多数の人とのセックス
このようなイメージを持つ化石のような人たちが残念ながらまだいるためだと考えられます。

そのため、偏見な目で見られそうでクリニックや病院へ行くのにも勇気がいりますよね。

しかし日本でアフターピルや低用量ピルなどすべてのピルが医療用医薬品に指定されているため、必ず医師の診察を受けないと買うことができないのです。

様々な事情からクリニックや病院で診察を中々受けれない人もいます。

市販で買えたら便利だなぁ…とは思いませんか??
実は誰にも知られずピルを買うことができるのです!!

ピルは市販はされていませんが、海外から通販で買うことは可能です。

その方法を以下で解説します。

海外通販サイトを利用する

海外医薬品を取り扱っている通販サイトでは、アフターピルや低用量ピルなども販売されています。

日本にいながらでも、海外のピルが購入できるということですね。

これは「個人輸入」に当てはまる方法で、海外通販サイトは個人輸入の代行サービスを行っているサイトなのです。

個人輸入にはいくつかルールがありますが、代行サービスのサイトを利用すればスムーズに通常の通販サイトと同じように、ピルを海外から通販できるのです。

難しく考える必要はなく、日本で禁止されているような薬物個人で使う場合のみ通販が可能配送が海外から行われる。

それ以外は普段から利用しているような国内通販と変わらないと覚えておくと良いかも知れません。

ピルの通販は違法行為じゃないの?

ピルを海外から通販と説明しましたが、医師の診察がないと買うことのできないピルを通販して、それは違法行為ではないの??と不安になりますよね。

日本で処方されているピルを、通販で売ったり買ったりした場合は違法行為になります。

しかし海外で販売されているピルを個人で使用する場合に限って、申請無しに個人輸入することが認められているのです。

認められているというよりは、禁止されている薬物に含まれていないというほうが正確かもしれません。

「個人で使用する場合に限る」というのが重要なポイントで、個人輸入したピルを申請無しに販売したり、誰かにあげたりすることは違法なのです。

日本でアフターピルは自由診療なため、1錠15,000~20,000円とかなり高額な値段で処方されています。

そのため安い値段での需要が多く、中には個人輸入したアフターピルをSNSで販売したりする人もいます。
逮捕された例もあるため、SNSで販売されているアフターピルは決して購入しないようにしましょう。

ピルを通販する場合は必ず、個人輸入代行サービスの海外通販サイトを利用しましょう。

オンライン受診は可能!

オンライン受診というのを耳にする機会も多いと思います。
アフターピルも実はオンライン受診が可能なのです。

そして2019年厚生労働省の検討会で、アフターピルのオンライン受診についてルールが見直されました。

①初診は原則対面受診
②地域の相談窓口から医療機関を紹介
③1錠のみ院外処方
④3週間後に産婦人科医による直接対面

しかし…
このようにオンラインで処方を受けられても犯罪抑制のためにプライバシーが守られているか?と言われればそうでもない気がします。

そのため、オンライン受診も中々ハードルが高く、基本は対面受診を推奨しているようです。

どうして日本ではピルの市販化が認められないの?

サイバー

フランスやアメリカなど19か国ではアフターピルやピルは女性を守るアイテムとして、ドラッグストアなどで市販されています。

しかし日本でアフターピル自体が認められたのが、2011年5月と先進国で最も導入が遅く、普及させる気もないように感じます。

日本でもアフターピルの市販について厚生労働省で議論されていますが、全会一致で否決されました。
オンライン受診についての討論会でも女性はたった1人と、ピルについて議論しているのが男性なのが問題なのではないか?と疑問視されています。

日本ではピルが市販化されることによって以下のような問題が起きるのではないか?と考えられています。

ピルが市販化されない理由

・アフターピルが安易に使われるのではないか??
・生殖目的以外のセックスが増えるのではないか?
・レイプなどの性犯罪が増えるのではないか?

生殖目的以外でセックスをしている人なんてたくさんいるはずなのに、このような考えは少しおかしい気もしますよね。

セックスが悪いことだと、日本の男性はイメージを持っているのかもしれませんが、ではなぜ風俗などがあるのでしょう??不思議ですね。

海外では市販化されている

上記でも説明しましたが、欧米など海外ではピルは市販化されています。
19ヵ国では市販化されていて、76ヵ国では医師の処方がなくても薬剤師を通じて買うことができるのです。

そして、無料でアフターピルを配布している国や、保険に入っていれば無料で低用量ピルをくれる国もあります。

アメリカの大学ではなんとアフターピルの自動販売機まで存在しているようです。

元々大学のキャンパス内でアフターピルは販売されていたそうですが、夜遅い時間や週末には開いていないため、いつでも購入できる自動販売機が設置されました。

日本だと保護者や国の偉い人がひっくり返りそうですね。
それだけ、日本は先進国の中でも性に関して遅れているのです。

これはもうはっきりいってしまうと、日本でのピルの市販化はまだまだ時間がかかりそうです。

AMAZON、楽天などの大手通販サイトは?

Amazonや楽天、yahooショッピングなどの大手通販サイトでピルを買うことはできません。

ピルを通販したい場合、海外医薬品を取り扱っている、個人輸入代行サービスのサイトを利用するしか方法はないのです。

販売目的のため、ピルを国内で持っていること自体法律的にNGですので、Amazonや楽天などの大手通販サイトでもピルを販売することはできません。

メルカリ、ラクマなどのフリマサイトは?

メルカリや、ラクマ、ジモティーなどのフリマサイトでピルは出品できるの??と思う方もいるかもしれません。

実際にメルカリの質問箱に個人輸入で買ったアフターピルは出品でますか?という質問がありました。

メルカリでは医薬品の出品は禁止されていますが、フリマサイト以外でも元々個人輸入で購入した医薬品を販売してはいけない法律となっています。

お金稼ぎのために偽造品が紛れ込んでいる可能性も十分考えられます。
フリマサイトで販売されていたとしても、決して買わないようにしましょう。

ドラッグストアや薬局は?

海外では医師の処方無しにピルを買える国が多いですが、日本では医師の処方が無ければ買うことはできません。

ドラッグストアや薬局で市販されれば、緊急時にアフターピルをすぐ買えたり、ピルを偏見の目なく買うことができるため、大変便利です。

しかし日本は先進国でありながら、性に関してはNO先進国なため、ピルの市販に関しては相当遠い話なのです。

通販でピルを購入する上で最も気を付けたいこと

ポイント

ピルを通販で買う場合、注意しなければいけないことがいくつかあります。

最も気を付けなければいけないことが、注文してからすぐには届かないということです。
最近国内の通販サイトでは、当日配達とかお急ぎ便とかすぐほしい人にむけて、様々なサービスが行われています。

そのような期待をもって、ピルを通販しようとしても残念な気持ちになるだけです。

ピルは日本国内から個人輸入するので、もちろん海外からの発送になります。

そのため、海を渡ってピルは注文者の元に届くので時間がかかってしまうのです。
早くても1週間、遅くて2週間ほどかかるので、今すぐピルが欲しい場合は病院へ行きましょう。

特にアフターピルは緊急避妊薬と呼ばれていて、避妊に失敗してから72時間以内に飲まないと避妊効果を得ることはできません。

そのため、緊急時には通販では絶対に間に合わないので、病院へ行きましょう。

定期的に服用している低用量ピルや、もしもの時のためのアフターピルを買う場合は通販でも間にあいます。
※土日や祝日などやっていない病院もありますので、アフターピルをあらかじめ持っておきたい人は通販での購入がおススメです。

ピルを入手する方法のまとめ

アフターピルや低用量ピルを入手する方法は2種類しかありません。

・医師の診察のもと処方
・海外通販サイトの利用(個人輸入)

医師の処方の方が信頼でき、副作用など気になることも聞けますが、海外ではピルは市販化されており10代でも安心して利用しています。

しかし今の日本ではピルの市販化は難しく相当遠い話になるでしょう。

もし、フリマサイトやSNSで販売されていても違法なので絶対に買わないでください。
通販でピルを購入できるのは、海外医薬品を取り扱っている海外通販サイトのみとなっています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る