個人輸入で薬の購入について

個人輸入で薬の購入について

わたしたち日本人に限らず、人が体調を崩した時や身体に異変を感じた際、まず自分たちで対応できる方法として「薬」が挙げられます。

薬を飲むことで悩ましい疾患や辛い症状を緩和することができますが、薬を入手する際にあなたはどのような方法で薬を手に入れていますか?
きっと多くの人は病院に行って処方箋を受け取ったり、軽度の症状や忙しい方であれば薬局などで手軽に買ってしまうことでしょう。

しかし薬には大きく分けて第1医薬品~第3医薬品に分けられ、医師の指導がなければ処方してもらうことができない薬があります。

そんなときにこの「医師の診断」がなくとも第1医薬品などを購入できる方法があります。
これが「個人輸入代行」と呼ばれる方法です。

今日はそんな個人輸入代行を使った、医師の診察が必要なくても薬を購入できる方法を教えたいと思います。

個人輸入とは

個人輸入代行とは、私たち薬の購入者が直接購入するのではなく、製薬会社と購入者の間に「仲介人」を設け、代行して購入してくれるサービスです。

日本国内の製薬会社で仲介を行ってくれるのではなく、海外の製薬会社となっており、海外製の薬を規制内で配送してくれます。
これによって日本では取り扱っていない新薬と同じ成分のジェネリックを購入することができたり、自身が今治療している薬と全く同じものを通院なしで購入する事が可能となります。

日本の医療では保険適用されない自由診療と呼ばれる部類の疾患もあります。

このような場合には、正確な医療費が定められておらず各医療機関で自由に金額設定されていることから、基本的には全て高額治療となります。

薬もジェネリックを国内で取り扱っている場合が少なく、厳しい生活費を削って疾患を治療するために先発薬を選択するほかない場合もあり、継続するには負担が大きくなってしまう現状があります。

個人輸入を使って薬を購入することで、通院・診察・先発薬以外の薬を購入することが可能となります。

個人輸入の方法

では個人輸入を使って薬を購入する場合、どのような流れで購入するのでしょう。

個人輸入代行では通販サイトを使って薬を購入すると言う流れとなります。
この通販サイトは、海外通販サイトとも呼ばれ、日本国内の通販サイトと変わらずにほしい商品を選び、カートに入れ、決済するだけで購入することができる、ごく一般的なサイトになります。

海外通販サイトと言うこともあって、表記など英語なんじゃないの?と思うかも知れませんが、仲介してくれる人は海外在住の日本人となっているので、日本人向けにサイトも作られており、難しいことが1つもなく親切です。

注意しなければいけないのは、同じ成分であっても海外製のため商品名に違いが出ることです。
日本の薬事法に則っているのか、商品名を正しく入力しないと検索にHITしないように設定されているので、ネットなどでほしい商品に対して海外ではどんなジェネリックがあるのかなどリサーチしてから使うと、尚使いやすいかも知れません。

万が一商品名が分からないなどでも安心です。
お薬なびの場合には、左側のサイドメニューに悩みから解決であったり、部位指定で解決などカテゴリ分けされており非常に使いやすくなっています。

そのため、例えば薄毛で悩んでおり、薄毛治療薬が欲しい場合には「薄毛・AGA」と言ったカテゴリや「頭・頭皮」など簡単に探すことができます。

これはあくまで一例としてお話ししましたが、各疾患別でカテゴリがあるので、実際に覗いてみると早いかも知れません。

気に入った商品を見つけた場合には、そこをクリックすると商品の詳細ページへ移行します。

詳細ページではその薬の成分や製薬会社、特徴など事細かに説明されているので、価格などを含め欲しいと思った場合には、カートに入れて決済画面に進みましょう。

日本でも有名なAmazonや楽天などを利用したことのある方はもうお気づきかも知れませんが、ここまで何も変わらないですよね?
これから決済、配送などのお話をしていきますが、国内通販と何も変わらないので安心して購入することができます。

では、支払い方法のお話に移りましょう。

個人輸入の支払い方法

個人輸入代行サイトの決済方法は主に3つとなります。

  1. 銀行振込
  2. クレジットカード決済
  3. コンビニ決済

中には別の支払い方法なども用意しているサイトがあるようですが、今回は私が利用するお薬なびのお話になっていますのでご了承ください。

欲しい商品を見つけてカートに個数と用量などを確認した上で入れたら上記3つの支払い方法の中から希望する支払い方法を1つ選択し、決済しましょう。
銀行振込の場合には選択後に決定すると、サイト側から振り込みの金額と口座が送付されるようになっています。

クレジットカードの場合にはサイト上での入力、コンビニ払いでは支払いに使用する紙が送付されるようになっていますので、選択した方法で支払いを済ませることで配送作業に移行します。

またお薬なびでは商品の合計1万円を超えた場合、本来1,000円かかる送料が無料になります。
決済画面の最終確認画面で右上に合計金額が表記されていますので、1万円に近い場合にはここで複数商品を入れたり、同じ商品をもう少し増やせばお得に購入することができますよ。

どの支払い方法を選択しても決済が終わったらサイト側から支払い完了の通知が届くようになっています。
私の場合は一度もありませんが、万が一支払いを済ませたのにも関わらず通知が届かない、そのような場合にはサイトのシステムやサーバーのエラーなども考えられますので、一度問い合わせてみるようにしましょう。

お薬なびではサイトの問い合わせはフォーム、またはトップページ上部にある電話から問い合わせできるようになっています。

個人輸入の客対応

上記で少し問い合わせに関して触れてみましたが、海外通販サイト=海外の方が運営を行っているのではないか?と思いがちです。

しかしお薬なびでは、海外在住の日本人担当者が問い合わせも行ってくれているため、何かあった場合でもスムーズに対応してくれます。
問い合わせに対してもとても丁寧かつスムーズな返答で、電話・メールどちらでも日本人が担当しているようでした。

ただ私が薬に関しての質問をしたときには、「あくまでも代行業者なので、お薬のことに関しては説明できかねます。」とのことでした。
まぁ、医師じゃないですし、このあたりは法律などの問題もあるのでしょう。

それ以外の配送関係であったり、些細な質問などでも答えてくれたので、好印象と言ったところです。

個人輸入の輸送

個人輸入の配送に関してだけ国内通販と異なる点があります。

それが配送から到着するまでの「時間」です。
国内通販の場合には、注文→決済確認→配送→到着、この一連の流れを全て国内で行います。
しかし個人輸入代行サイトは海外サイトなので、注文から到着までの流れが海外→日本国内の流れとなります。

当然空輸も関係してきますし、海外からの配送時間を考慮すれば通常の通販サイトよりは、どうしても時間がかかってしまうことに配慮しなければいけません。

特に医薬品を購入するわけなので、この点で考えると事前に購入しておいたり、許される範囲内で多めに購入するなど対策が必要となってきます。
まぁ、お薬なびの場合には多めに購入することで、送料が無料になるのでその辺は問題ないかと思われます。

決済が終わると配送準備が始まり、配送が始まった段階でサイトからアナウンスが届く仕組みになっています。
この際一緒に、追跡番号が発送されているので、この番号を商品到着まで大切に保管しておきましょう。

この追跡番号は、郵便局の追跡番号を検索するサービスで使うことが可能です。
送付された番号を入力することで、購入した商品が「今」「どこを」「どの郵便局にあるのか」など、現状の配送状況を確認することができるようになっています。

このように配送面でも商品到着まで、安心なサービスを展開してくれているので安全に利用することが可能となっています。

お薬なびの場合には、トップページにこの追跡番号をすぐ検索できるサービスも設置しています。
こういった点も私がお薬なびを使っている理由なのかもしれないと今ふと自分で思いました。

では、最後に受け取りはどのように行うのか、お話しましょう。

医薬品等の個人輸入に関するQ&A[厚生労働省]

個人輸入の受け取り

個人輸入代行サイトで購入した医薬品は、通常の通販同様に自宅で受け取ります。

箱に記載されている送り状に関しても海外からの発送となるため英語表記になっており、何処から何を購入したのか一目で分からないようになっているので、安心して受け取りすることが可能です。

支払いは事前に済ませているので、どちらの方法を選んだとしても受け取るだけで完了となります。

個人輸入まとめ

個人輸入代行サイトのまとめとして、通院する必要がない=診察をしなくても処方箋が必要な薬を通販で購入できるサイト、それが個人輸入の代行サービスです。

日本ではまだ承認されていないジェネリックでも海外サイトを通して購入することが可能なので、度重なる診察代や通院費用を格段に抑えて、安く購入することが可能です。
また、ジェネリックに抵抗がある方でも、日本で取り扱う新薬もあるのでその点でも安心です。

同じ薬を購入するのであれば、通院の必要ない通販サイトを使えば時間効率化も図ることができて、一石二鳥です。

現在治療中の疾患があり、年間を通して医療費が高額になっている方も、今何か悩んでいる疾患がある方も、通販サイトを使って薬を購入する方が格段にお得と言えるでしょう。