ジェネリック医薬品

ジェネリック医薬品

病院からの処方箋を薬局に持っていくと、薬局の方に先発薬とジェネリックどちらを選ぶかなど、聞かれることがあると思います。

保険証にも「ジェネリックを希望します」というシールが付属され、希望する方はシールを貼りジェネリック医薬品を選択することができます。ジェネリック医薬品とはどういったものなのでしょうか。

こちらではジェネリック医薬品について解説しています。ジェネリック医薬品について、安全性や効果はどうなのか、なぜ価格が安いのかについて気になる方は是非ご覧ください。

ジェネリック医薬品とは

ジェネリック医薬品とは、新薬の特許が切れた後に発売される薬です。特許には成分や製造・製剤方法、効果・効能についてがあり、一定期間が経つと特が満了となり、開発した製薬会社以外で同じ成分を使った医薬品を製造することができます。

主に成分についての特許である「物質特許」が切れたものが、ジェネリック医薬品として新たに開発されます。

ジェネリックには「一般的な」や「商標登録の登録を受けない」などの意味があります。
特許の期間が満了されるまでは20~25年かかり、その間に多くの方に実際に使用され、効果が高く需要もあると実証されたものにジェネリック薬が誕生します。

ジェネリック医薬品の特徴

ジェネリック医薬品の特徴は、新たに開発された医薬品(先発薬)と同じ成分が使用できるため、開発に時間や費用をかけることなく製造できるため、薬価を抑えることができます。

もう一つの特徴として、使用者のニーズに合わせ、新薬の使い勝手を改良し、さらに使いやすくされる場合があります。臭いや苦味の強いコーティング剤を臭いや味がしないものにしたり、飲みにくかった錠剤のサイズを小さくしたり、水のいらないゼリーやチュアブルタイプ、シート状に薬の形を変える、安定性を高め調剤がしやすいようにするなどの改良があります。

ジェネリック医薬品の価格

ジェネリック医薬品は新薬(先発薬)に比べると価格が安い特徴があります。

新薬(先発薬)は新しい成分が開発され、その成分が配合された薬です。先発薬の開発には多くの費用や年月がかかるため、特許を取得し販売する際に一定期間、有効性や安全性を保障するものとして、それらの費用が加えられてた価格で販売されます。

ジェネリック薬は開発にかける費用や時間が必要としない分、価格を抑えることができます。

日本国内では、医薬品に対する保険料の負担が大きくなり、家計や国の保険財政を圧迫しています。ジェネリック医薬品の使用は、保険料の負担を軽減することにも繋がるため、推奨されているようです。

さらに世界的にジェネリック薬の生産国として有名なインドでは、物価や人件費が抑えらているため、さらに安価で製造・販売することができます。

ジェネリック医薬品の安全性

ジェネリック医薬品で気になるのが、安全性の面です。
基本的に新薬と同じ成分を使用し、用量も大幅に変更することなく開発されるため、新薬を使ったのと同等の効果や副作用が現れることになります。

新薬は試験を繰り返し、安全性や効果が認められて初めて発売されるものなので、用法や用量が正しいものであれば、命の危険はほとんどありません。
もちろんジェネリック薬にも正式に発売されるまで試験があり、新薬とそん色のない効果や、安全性が認められたものが発売に至ります。

それは海外の医薬品でも同じです。新薬を開発した製薬会社以外で製造されたジェネリック医薬品にも、安全性は保障されるものです。海外で通常使用されているジェネリック医薬品があまり国内で流通しないのは、日本の厚生労働省の認可の基準の高さもありますが、海外の方の体格や体質に合わせているため、日本の規格と合わないからだと言われています。

まとめ

ジェネリック医薬品は多くの治療薬に存在し、価格も抑えられ多くの方が安心して使用することができる医薬品です。
もちろんED治療薬にも多くのジェネリック医薬品が誕生しています。

ED治療薬の処方は例外を除き、自由診療のため保険適用外となります。なるべく医療費を抑えたいのであればジェネリック医薬品の利用がおすすめです。

日本で認可されていないジェネリックのED治療薬も用法や用量を間違えなければ、安全に使用することができます。国内で処方されるジェネリック医薬品より、さらに安価で購入することができます。

近年QOL(クオリティ・オブ・ライフ)の考えから、性生活の充実は生活の質の向上に繋がるとされています。ED治療薬の使用はQOLの向上をサポートします。